IoTプロトタイピングの3つの要素をカバー

XSHELLとは、ソフトウェア開発ノウハウを事業の主軸とする、デザインとハードウェアの会社です。IoTではネットワーク、コンピューティング、筐体、ソフトウェアという複数の構成要素が存在します。XSHELLは物や事のデータをインターネットに接続して、データ集積、フィードバックを行える様にする為の全てのスキルとノウハウが揃っています。

XSHELLでは「IoTってどこから手を付けたらいいの?」という疑問にお答えするために、 小回りの利くプロトタイピング (小規模研究開発)の提案、ハードウェア&ソフトウェア開発を行っております。POC製作より、Isaax IoT SaaSを基盤にしたエコシステムの構築を通じて、クライアントの事業化プロセスを加速とイノベーションの実現を支えております。

IoTハードウェア&ソフトウェア開発

IoTエコシステム

POC製作やプロトタイピングにより、IoTを中心にしたエコシステムの構築を通じて、クライアントの事業化プロセスの加速 とイノベーションの実現を支えていきます。

高いコストパフォーマンス

国内・海外メーカーからの幅広いセンサーやSBCを調達しておりますので、コストパフォーマンスに優れたIoTデバイスコンセプトやソリューションをご紹介し、IoTにおけるPOCから現場でのテストまでを支えます。

得意とする開発分野
  • IoTゲートウェイ
  • スマート家電
  • スマートハウス
  • センサー
  • 自動車関連
  • サイネージ
  • ヘルスキット
  • 公共インフラ
開発に使用する主な言語
  • Python
  • JavaScript
  • Golang
  • C / C++
  • SQLなど
弊社の主な設備と機材
  • 3Dプリンター
  • レーザー加工機
  • ボール盤
  • 基本的な電子工具
  • 測定器など

提供可能なソリューション

イベント運営支援

大勢のお客様が来場するイベント会場において、センサーデバイスを活用し、エリアごとの滞留数や特定のお客様の位置情報の把握、お客様の興味・関心度などを可視化。

運転手の安全管理支援

バイタルセンシングデバイスを活用して、過酷な環境で働くバスや大型トラックの運転手のバイタル指数を推定して、事前に設定した通知条件に該当した場合、通知する。

居住者の見守り

ユビキタスデバイスを活用して、居住者の異常検知や健康の見守りをすることで、ユーザーにとって安心安全に暮らせる居住空間を実現し、ユーザーと離れて暮らす家族に安心を提供する。

農業資産管理

田畑などで設置した、湿度や日射量、土壌内の温度や水分量、CO2などを計測できるセンサーネットワークによる環境情報や生育情報の収集を可能にし、栽培指導や農作業の品質管理・効率化をする。

isaax.io

IoT必須要素を全てカバー

isaaxはクラウド・開発環境(PC)・デバイス(SBC)の3つの要素をサポートするサービスです。
1アクションで開発環境を設定でき、1コマンドで動作確認ができます。Linuxが稼働できれば、isaaxはRaspberry Piを始めとしたどんなデバイスにも対応できます。

POCから量産までも簡単に

isaaxの特徴的な点は1コマンドで無数のデバイス(仮想マシンでのテストでは10万台)をアップデートできることです。つまりプロトタイプで開発したものを瞬時に製品化できるのです。

IoTソリューションの開発に集中できる

開発のためのインフラを自ら構築する必要はありません。デバイスのCPU情報収集や遠隔モニタリング、連携機能を使いオンプレミスのデータベースを繋げデータをエクスポートできます。これらによりデバイスサイドにおけるアプリケーション開発に集中できるため、AIや機械学習、リアルタイムストリーミングといったサービスを短期間で構築することを可能にします。