現在、貴社にこの様な悩みはありませんか?

上からはIoTで何かやれって言われるけど。。。

  • 今後IoTを主力事業に据えるにあたってIoTの基礎知識がある新卒を採用したい。でも、そんな新卒なんてほとんどいないよね。。。
  • 若手エンジニアの新しいキャリアとしてIoTのスキルを身に着けさせたい。でも教え方なんて分からないよ。独学でやれって言ってもちゃんと学習してくれるかどうか。。。
  • IoTは独学で勉強してきたので知識に偏りがある、網羅的に学習できないだろうか。。。

IoT人材の育成が難しい理由

IoTを構成する一つ一つの技術に新しいものはほとんどありません。しかし、幅広いレイヤーの知識を必要とし、それを組み合わせてソリューションを作るのは至難の業です。またそれら幅広い知識を教えられる人材は非常に稀です。

2017年、米シスコシステムズの調査によると、携わったIoTプロジェクトが「完全に成功した」経験のある企業や組織は、全体の26%にとどまっています。(※1)

IoTが難しい要因として、「IoTを構成する幅広い知識を有する人材の不足」、「限られた社内ノウハウ」、「予算超過」が上げられます。では、どのようにしてIoT人材を育成したら良いのでしょうか?

毎月届くIoTキットを使って学習

IoTの基礎から応用まで6ヶ月でマスター

毎月届く「モノ」と「サンプルコード」「テキスト」を使ってRaspberry Piを使ったセンシングから、データ解析までIoTに必要とされるスキルをお手軽に学習できます。期間はたったの6ヶ月ですが、沢山のサンプルコードが貴社のエンジニアのスキルアップに確実に貢献します。6ヶ月間の学習を通す事で、IoTの構成要素「センシング」「アナライズ」「トリガー」「アクチュエーション」がシームレスに稼働するIoTシステムを構築できるエンジニアになることを目指します。毎月5万円、トータル30万円でIoTの実践ノウハウを得る事ができます。また、400名以上の初学者を育成してきた経験から、挫折するポイントを事前に潰したカリキュラムをオンラインで学習する事ができます。

IoTの3大要素を押さえる

弊社では、IoTをデータ収集を収集する「センシング」、センシングしたデータを元にアクションを起こす「トリガー」、トリガーからアクションする「アクチュエーション」の3つの要素の組み合わせでできていると考えています。当養成キットでこれらの要素を一つ一つ習得していき、貴社のエンジニアがIoTエンジニアとしてスキルアップすることを力強くサポートします。

毎月届く教材で、徐々にステップアップ

1ヶ月目はRaspberry Piを使って、温度・気圧・光量・磁気などの環境データをセンシングしてグラフ化に挑戦します。Raspberry Pi本体以外に、ケース、SDカード、電源ケーブルなどの必要なキット一式が同包されているのですぐに開発を始められます。毎月、新しいキットが届き6ヶ月間でIoTシステム構築を学べます。さらにisaaxのビジネスプラン半年分が付帯して届くので複数の端末をまとめて管理する事ができます。

6ヶ月間でどんな内容を学習するの?

1ヶ月目

IoTでデータ収集基礎(温度、気圧、光量、磁気をセンシングしてグラフ化してみよう)

届くモノ:

  • Raspberry Pi 0WH
  • Enviro pHAT
  • スペーサー
  • ケース
  • SDカード
  • 電源

2ヶ月目

IoTでセンシングデータを表示してみよう(IoT LEDマトリックスの実装)

届くモノ:

  • Raspberry Pi 0WH
  • Unicorn HAT HD
  • SDカード
  • 電源

3ヶ月目

IoT × AI(画像解析から人の出入りを検知してみよう)

届くモノ:

  • Raspberry Pi 0WH
  • Raspi カメラ
  • Raspiオフィシャルケース
  • 両面テープ
  • SDカード
  • 電源

4ヶ月目

IoT × 制御(インターネットを介してクラウドサービスを制御してみよう)

届くモノ:

  • Raspberry Pi 0WH
  • Adafruit Joy Bonnet for Raspberry Pi
  • SDカード
  • 電源

5ヶ月目

IoT × RPA「センシングデータを発話させてみよう」

届くモノ:

  • Pirate radio Kit
  • SDカード
  • 電源

6ヶ月目

IoTシステムの全体像を構成して課題解決してみよう(オムロン環境センサーをトリガーにしてみよう)

届くモノ:

  • オムロン環境センサー
  • SORACOM LTE Button

※ 講座内容は予告なく変更する場合があります

新卒のトレーニング例

トレーニングの目的:

  • 9月 – 内定。会社はIoTスキルの強化対象者として、優秀な新卒20名を選抜する。
  • 10月 〜 3月 – 毎月届くキットを使って自宅で学習。分からないところは弊社のサポートスタッフに相談。
  • 4月 – 入社後、事前学習の成果発表。

 

オフショアエンジニアのトレーニング例

  • 3月 – 海外支社から日本本社へ転勤するエンジニアが決まる。
  • 4月 〜 9月 – 毎月届くキットを使って海外で学習。日本語の開発ドキュメントに慣れてもらう。
  • 10月 – 来日後、日本人エンジニアと共同開発スタート。

メディア掲載実績

よくあるご質問

本サービスに関してお客様から頂いたご質問を紹介いたします。

Q1. 養成キットで配布されるソフトウェアのライセンスは何ですか?

A1. 弊社ではアパッチライセンス2.0でソフトウェアを提供しております。その為、お客様の製品やソリューションとして直接商材にして頂くことができます。

Q2. わからない事があった場合にサポートを受けることは可能ですか?

A2. 基本的にはメール等のオンラインでサポート対応させて頂いております。
オフラインのサポートを受けたい場合は弊社が毎月2回開催しているisaax勉強会にご参加ください。

Q3. 難易度はどのくらいですか?

A3.IoT初心者向けのシンプルなセンシングのサンプルプログラムから、中上級者向けのチートシートや画像処理のサンプルプグラムが含まれます。中上級者の方が仕事の現場ですぐに使える実用的なサンプルコードの提供も行います。

Q4. 途中解約は可能ですか?

A4. 途中解約は可能です。解約を行う場合は解約月の前月20日までにお申し付けください。

Q5. 全体のプログラムを経てどんなことが出来るようになりますか?

A5. 例えば下記の様な事が出来るようになります。

・加速度センサーを使ったドアの開閉検知による高齢者向けIoT見守りサービス開発。
・屋内不快指数のセンシングによる従業員の生産性低下アラート開発。
・Bluetoothを用いたビーコンゲートウェイによる荷物の自動追跡サービス開発。
・カメラによるショールーム入口での人数カウントで来客者数分析。
・UVのセンシングによるカーテンの開閉で化学薬品の劣化防止。
・全自動化されたIoTシステムの完成系のモデルケースの構築。

これらを応用することで世の中にあるIoTの実証実験案件の多くに対応できるエンジニアになることを目指しましょう。

Q6. はんだ付けは必要ですか?

A6. いいえ。本キットで送るデバイスは、はんだ付け不要なものを選定しましたので、お手元に届いたらすぐに開発できる様になっています。

Q7. 学習にどれくらいの時間が必要ですか?

A7. プログラミング経験のある方なら2〜3時間で、プログラミング未経験の方で4〜5時間程度で、キットを動かすことが出来るようになります。学習した内容を応用して、オリジナルのシステムを作ろうとすると更に学習時間が必要になります。週に2時間程度、学習のための時間を確保して計画的に学習されることをオススメします。

Q8. 個人でも購入は可能ですか?

A8. はい、可能です。実際に「最初の3ヶ月だけ」などと期限を決めて購入されている個人のエンジニアの方もいらっしゃいます。買い方に悩まれたらぜひご相談ください。

「isaax IoTエンジニア養成キット」お申込詳細

入会金0円、月額5万円
6ヶ月コース(ただし、中途解約可能)

6ヶ月合計30万円。

お客様に用意していただくもの

  • 学習に使用するPC(Windows10 / macOS / Linux)
  • ウェブブラウザ(Google Chrome / Firefox / Safari)
  • インターネット環境

全てのサンプルコードとドキュメンテーションはオンラインの会員専用サイトで限定公開。サンプルコードはPythonを使用します。

予約フォーム

下記のフォームよりお申し込みください。後日、担当者から詳しい内容のご説明を行います。

予約申込みのため、申込みいただいた時点では一切料金は発生しませんのでご安心ください。

PDFの資料が必要な方はこちらからダウンロードしてください。

 

※ 価格はすべて税別です。
※申し込み件数が想定を大幅に上回る場合、開始月が翌月に延期されます。予めご了承ください。
※ isaax IoTエンジニア養成キットの内容は予告なく変更する場合がございます。