弊社がオープンソースソフトウェアとして提供しているデバイス初期化ツール「IoTit」の最新リリースを公開しました。

今回のアップデートに伴い、前回の記事でも紹介したコンピューターモジュールのColibri iMx6をサポートしたので、その初期化方法について紹介します。

現在サポートしているホストマシンのOSはmacOSとLinuxですが(Windowsは今後サポートする予定です)、こちらの記事ではmacOSでの作業について解説しています。実際に試していただく場合は以下のものを用意してください。

また、IoTitは内部でVirtualBoxを使用するため、あらかじめVirtualBoxとそのバージョンにあったExtension Packをダウンロードしてください(Extension Packのダウンロード先は下図を参照)

 

IoTitのインストール

GitHubのリリースページからIoTitの最新版をインストールします。お使いのOSにあったバージョンのtarファイルをダウンロードしてください。

ターミナル を開き、tarファイルをダウンロードしたフォルダに移動し、ファイルを解凍します。


1
2
cd path/to/downloads/
tar -zxvf iotit_0.3.3_darwin_amd64.tar.gz  # macOS用のビルド
1
iotit

というプログラムが実行ファイルです。

1
iotit --help

で使用できるコマンドを確認できます。


1
2
./iotit --version  # バージョン番号の表示
iotit version 0.3.3

SDカードのセットアップ

お使いのPCにSDカードとキャリアボードを接続し、下記のコマンドを実行します。実行後、いくつかの設定を対話形式でおこないます。


1
./iotit flash colibri

使用するVirtualBoxのイメージを選びます。

1
1

を選択してください。

1
2
3
[1] Use default vbox preset
[2] Create a new vbox preset
[?] Please select an option: 1

OSイメージのダウンロード終了後、初期化するSDカードを選択します。

1
diskutil list

(Linuxの場合は

1
sudo fdisk -l

)などでデバイスを確認し、正しいものを選択してください。

1
2
3
[+] Listing available disks...
[1] SDDR-389 - /dev/disk2 ()
[?] Select disk to format:

OSイメージのSDカードへの書き込みが始まります。

OSのインストール

次に、Colibri iMX6のeMMCにOSイメージをインストールします。

SDカードへの書き込み終了後、下記の内容が表示されるのでSDカードをPCから取り外してキャリアボードに差し込み、

1
yes

を入力します。

1
[?] Please insert prepared SD card into your Colibri iMX6 board. Type yes once ready. (y/yes, n/no):

下記の質問では、Irisキャリアボードをお使いの場合は

1
yes

を、Asterキャリアボードをお使いの場合は

1
no

を選択します。

1
[?] Do you have a reset button on your carrier board? (y/yes, n/no):

選択後、自動的にeMMCへOSイメージを書き込みます。最後にVirtualマシンを停止するかどうか尋ねられます。他にも初期化したいボードがある場合は

1
no

を、そうでない場合は

1
yes

を選択します。

最後に、IoTit のアスキーアートが表示されれば成功です。

前回紹介した方法では

1
screen

などでコンピューターモジュール側にログインする必要がありましたが、今回の方法ではPCからの操作のみで初期化ができます。

XSHELLでは、弊社サービスのisaaxやIoTitのリリース情報、IoT開発に役立つ記事を公開しておりますので、ぜひ@xshell_incをフォローしてください。

コメント