ビデオクリップ『Code of the Revolutionary : PV00』と関連データを公開

株式会社XSHELLは、ビデオクリップ『Code of the Revolutionary : PV00』と、その設定資料及び3DCGモデルを公開いたします。さらに公開した設定資料と3DCGモデルはCC0(パブリックドメイン)とします。

株式会社XSHELLは、2017年5月18日に開催された KDDI ∞ Labo 11th DemoDay において弊社のプレゼン冒頭で使用したビデオクリップ『Code of the Revolutionary : PV00』と、その設定資料及び3DCGモデルを公開します。さらに設定資料と3DCGモデルに関してはCC0(パブリックドメイン)とします。

 

動画について

このPV制作プロジェクトは、XSHELLが持つ行動原理のメタファーを描く事を目指して始まりました(前回の記事)。PVの尺は限定的ですが、もしご興味があれば同時公開の制作資料と合わせて楽しんでいただけると嬉しく思います。動画の前後には描かれなかった物語があったのでしょうか?

 

3Dモデルをプリント

公開したモデルデータを早速3Dプリンターで出力しました。手を加えず直接プリントソフトに入れて、自動補助材生成+寝かせた状態でプリントしましたが、やはり裏面は少し崩れています。できればプラモデルのようにデータを整理してからプリントするのがベストですね。

なお、モデリング/リギング/アニメーション/レンダリングには、オープンソースソフトウェアのBlenderを用いました。

株式会社XSHELLは、今後もテクノロジーとデザインで社会に貢献できるよう努力して参ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中