第1回スマート工場EXPO他に行ってきました。

弊社が業務提携をしている株式会社電通国際情報サービス(以下ISID)様の「産業用ロボットアーム モーター故障予兆ソリューション」を訪問させていただきました。
弊社がこのプロジェクトで担当させて頂いたのは上画像のロボットアームからAPIに伸びている矢印の部分です。データの収集を可能にするハードウェアからその送信までをIsaaxを使って可能にしています。

スマート工場EXPOや同時開催された展示に行ってきたので、そのレポートを掲載します!

スマート工場EXPOとは「製造業IoTAIFA/ロボットによる工場革新展」とあるとおり、今後大きなビジネスチャンスになりうる「スマート工場化」に関する展示が数多くありました。

ISIDの展示ブースを訪問

弊社が業務提携をしている株式会社電通国際情報サービス(以下ISID)様の「産業用ロボットアーム モーター故障予兆ソリューション」を訪問させていただきました。

ISIDのブースは入口正面の大通りを真っ直ぐ進んだ場所にあり、すぐには挨拶できないほど沢山の人で賑わっています。

周囲の展示も、工場の生産ラインで使用されるようなロボットアームや、その他ロボットの故障検知のブースが数多く並んでいました。

img_20170120_134420

img_20170120_134811

isid-pic

img_20170120_134914

弊社がこのプロジェクトで担当させて頂いたのは上画像のロボットアームからAPIに伸びている矢印の部分です。データの収集を可能にするハードウェアからその送信までをIsaaxを使って可能にしています。

そのほかの展示について

他にも展示が同時併催されていたので、のぞくことにしました。

【第46回ネプコンジャパン】

ネプコンジャパンは「エレクトロニクス製造・実装・検査に関する日本最大の専門店」と銘打っていて、7つの展示で構成されています。そのうちのいくつかを訪問してきました。

【第35回エレクトロテストジャパン】

はんだ不良に関する分析機器が印象的でした。画像による診断は、機械学習がどんどん入ってきている感じでした。個人的にBGAが接合する瞬間のビデオがあり、興味深かったです。

【第19回電子部品・材料EXPO】

サンプルがもらえるブースが沢山で、楽しかったです。名刺と引き換えに自動でサンプル提供する、全自動名刺収集装置が稼働してました。

ほかにも日油株式会社が、印刷用の銅ペーストを展示していました。銀ペーストがインクやコンダクトペンに使われてますが、銀と同じぐらいの性能が出るそうで、コストダウンが見込めるそうです。


おわりに

第1回スマート工場EXPOは、ロボットの故障感知・予測に関するソリューションが多かったようです。インダストリー4.0に向けたスマート工場に関する研究開発はまだ駆け出しといった段階なのかもしれません。すでにスマート工場EXPOのホームページでは2018年のものが公開されていますが、ドッグイヤーと言われる昨今、1年後にはまた一歩進んだ課題が浮かび上がり、日本のスマート工場化が促進され製造業の生産性が上がっているのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中